元保護犬の「こうた」と家族になったのは2010年12月末。まだ乳歯の残るパピーでした。それまでのこと、それからのことを綴ってます。歯が抜け変わった頃のこうた。。。


by Sachiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

どんなに小さくても。。。

我が家でヒナから育てたコザクラインコたち。

今はサチコの実家で父と母のもとで暮らしています。

①勇太6歳
a0146431_1731839.jpg

ヒナ餌を生後半年間も食べ続けました。
一人餌となるまで本当に大変だったんだょ。
今では空気の読める長男です。
とってもやきもち焼き。



②ノエル4歳

a0146431_1753014.jpg

1か月ほどで一人餌になり、パサパサと飛びました。
ヒナのときは手のかからないこです。
天然という言葉がぴったりの次男です。
どんなときも大きなお返事してくれます。



手乗りとして育ったこの子たちは、今では父に溺愛されてます。
毎日かごの外でたくさん遊んでもらってます。

そんな時、ノエルが飛ばない!とヘルプの電話が…
行ってみて確認してみると、羽の内側の人間でいうと
脇の下あたりが、化膿してました。

インコの飼育書には、ダニが原因とか怖い写真と共にストレスで
死にいたることも。なんてかいてあるので後日病院へ
連れて行ってもらいました。

先生によるとダニではなく、真菌ではないかと。
飲み水に溶かす抗生剤と、患部に塗布する薬、
首にはエリザベスカラーをされて帰宅したそうです。

最初は慣れないカラーで落ち込んでるのではないかと
心配しましたけど、一日もするとすっかり慣れてきたそう。

鳥に詳しい先生がいて本当に良かったね。

一週間後には元気に飛べるようになったみたい。
カラーはまだ外れませんがちゃんと食べて
すっかり良くなるといいね。ノエル。

燕麦ばかり食べないで、ヒエやアワも食べるんだょ!







いつでも里親募集中
ここには幸せの順番を待っている
わんことにゃんこがいます。







「家族なんだから!」
ノエルのことで母に向かって父が言った一言。

どんなに小さくても家族の一員。
言葉は通じなくても、心は通じているよね。
[PR]
by Family-sck | 2010-04-04 17:36 | 感じること「感動」