元保護犬の「こうた」と家族になったのは2010年12月末。まだ乳歯の残るパピーでした。それまでのこと、それからのことを綴ってます。歯が抜け変わった頃のこうた。。。


by Sachiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

犬を迎えるということ

2年前の12月にこうたを迎えました。


思出話になりますが。。。
ある団体のホームページから知った
里親募集の犬たち。

保護されてから、なかなか譲渡されない
ミックスの仔犬がいました。

最初の掲載の写真は、まだ6キロで
コロコロしている容姿。
そしてしばらくすると掲載写真が変わり
ひょろっとした、まだ幼さの残る表情で
カメラのレンズを好奇心と不安の
真ん中くらいの眼差しで見つめていたのです。


直接会う機会に恵まれ、直ぐにお散歩へ
出かけ、ぴょんぴょんクネクネして
その足取りはリードのこちら側を
気にすることなどなく、外へ出たのが
嬉しくて仕方ないといった様子でした。

お散歩から戻り、説明を受けると
予想としては中型犬だと思うけど
ラブラドールの入ったミックスだから
マンションの規約で大きさが決まっている
場合、万が一大きくなったときは
大丈夫ですか?と言われたのです。

それでなかなかトライアルへも行けなかった
理由がわかった気がしました。
だけど、我が家は大型犬2頭まで可なため
その心配はありませんでした。

生後約半年で12㎏だったのだから
今思えば、その頃から大きな仔犬でしたね。

そのまま2週間のトライアルのために
車で連れて帰ることになったのです。

その2週間は試行錯誤しながら
あっという間に過ぎ去り、
そして譲渡手続きを無事に終えて
こうたは我が家の家族となりました。


それからというもの
あれから約2年経ったんですね。
早いなぁ~


そして本題はここから。。。
題名にもあるように
里親と限らず、犬を迎える前には
ある程度の犬に関わる知識を学ぶべきだと
実感したのです。

生後約半年は大人の階段を登り始め
大事な社会化の扉がしまりかかっていると
知ったときには、もう1歳を迎えた頃でした。

人の社会の社会化がどんなに大事なのか
飼い主となる前に知るべきでした。


こうたの場合は、我が家に来てから
何となく過ぎてしまった日を取り戻したい
そして、幼いながらも自分の眼で見て
匂いを嗅いで納得し、音も怖がる前に
馴れさせてあげたい。

沢山の人とも触れ合わせて、苦手となる
ポイントを極小さくすることもできたはず。


吸収しやすい間に、色んな環境も見せたり
感じさせたり、人で言うと五感を使うように
こうた自身に体験させてあげることが
少なかったようです。



だから、これから迎えようと思われたら
大人犬になってから一度、犬のなかで
こういうものと考えが固まる前が大事です。

お留守番ばかりでは社会化は育たないから
大事な時期の仔犬のうちになるべく沢山の
経験で馴らしてあげてほしいと思います。
a0146431_11532791.jpg

こうたはもう青年から大人になりかけたね。
これからでも遅いわけではないから
後悔をそのまま終わらせないために
お互いに頑張って成長しよう。





ポチッと応援有難う♪
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
にほんブログ村
[PR]
by family-sck | 2012-12-13 20:16 | ワンコ「こうた」